資料請求・お見積もり・ご相談など お問い合わせ

0120-320-390

営業時間 9:00~17:30 ※土日祝除く

無料相談・資料請求する 閉じる

最新情報

ロイヤルガーデンホテル ロンドン

導入概要

建物名 ロイヤルガーデンホテル ロンドン
所在地 イギリス ロンドン
建物概要 1965 年竣工、1994 年~1996 年改修工事、築 42 年 400 室
設置工事 2006年11月23日
設置配管/設置数 循環給湯配管(鉄管 200 mm、100 mm、75 mm)
PT-200DS×1、PT-100DS×1、PT-75DS×1

水質検査結果

配管内の水中鉄分値の変化(㎎/ℓ)

配管内の水中鉄分値の変化
設置前 設置25日後 設置36日後 設置14年後 英国水道法
水質基準値
鉄分値(㎎/ℓ) 2.79 0.016 0.013 0.00 0.2以下

※8時間以上使用を停止した夜間滞留水の最初の500ccを採水して検査

水質分析証明書

外部検査機関「Severn Trent Laboratories Ltd.」「AQUASOLVE Ltd.」による水質分析証明書

水質分析証明書 水質分析証明書

お客様からのご推薦状

推薦状の和訳文
2014年10月31日

当社のホテルに導入した配管内赤錆防止・更生装置パイプテクターの防錆効果と、それにより 得られた利益について下記のとおり証明いたします。

1)当社のホテルは14階建て、493室、延べ床面積は約26,000m2で、宿泊施設以外にも多くの施設を備えており、5つ星の評価を得ております。パイプテクターを導入した7年前は築42年で、配管内に赤錆問題を抱えており、亜鉛めっき鋼管と銅の異種金属接合部の腐食により常時 漏水が発生し、明らかに業務に支障が出ておりました。当時、配管更新費用とその間の休業補償の見積もりを算出したところ、650~700万ポンド(約15億円)かかることが分かったため、 当時のホテルオーナーと施設管理責任者は、初期投資としても15万ポンド(約3,000万円) ほどのパイプテクターは十分投資価値があると判断し、導入に至りました。 (2006年のポンド/円レート:1ポンド=214円)

2)ボイラー室内の給湯本管に3台のパイプテクターを導入し、設置前及び設置2週間後、さらにはその後12ヶ月間にわたり水質検査を毎月実施しました。配管内の水中の鉄分値は設置後すぐに低下し、赤錆防止効果を示し、装置の導入で得られた利益は、装置のコストをはるかに 上回るものでした。

3)パイプテクターは素晴らしい防錆効果を挙げており、今なお効果を出し続けています。

4)装置の導入から効果が出るまでわずか2週間と、短期間で給湯の素晴らしい水質改善を目にすることができました。

5)装置導入前にあった赤錆による水の着色は完全になくなり、以後、建物のいずれの部屋でも漏水が見られることはなくなりました。

6)装置導入後7年が経過し、給湯配管の状況を確認しましたが、配管内の赤錆がはっきりと黒錆になっていることが確認できました。

7)パイプテクターはランニングコストが不要で、定期的に行っている水質検査はすべて、Japan System Planning UK Ltd.のピーター・ゴスリング氏の立ち合いのもと、当社と共同で記録しております。

8)当社は今回の結果に大変満足しており、パイプテクターが我々の業務、顧客のいずれにも支障をきたすことなく、経済的な利益を与えるものだと確信しております。今後は空調冷水配管系統にも同様にパイプテクターを導入したいと考えております。

署名

敬具

ロンドン市 ケンシントン区
ロイヤルガーデンホテル
技術部部長
ティム・ウォーカー

推薦状の原文
推薦状の原文
ページTOP
Copyright © 2019 日本システム企画株式会社 All Rights Reserved.