資料請求・お見積もり・ご相談など お問い合わせ

0120-320-390

営業時間 9:00~17:30 ※土日祝除く

無料相談・資料請求する 閉じる

製品への誹謗中傷について

製品への誹謗中傷について
東京地方裁判所命令により既に削除された誹謗中傷

2020年4月9日

ウェブサイト「府中日鋼団地を守る会」は
東京地方裁判所命令にて誹謗中傷と認定されネット上より削除されました。

NMRパイプテクター®は平成7年に初代製品が出荷され、以後25年の間に4200棟以上の建物の給水管、空調冷温水配管等に設置されました。 ほとんどの建物で配管内の赤錆防止効果の検証が実施され、お客様から防錆効果の確認をいただき、満足してご使用いただいております。
NMRパイプテクター®の導入費用を配管の取り換え工事と比較すると、給水(上水)管では5分の1~10分の1になり、空調冷温水配管ですと10分の1~20分の1になります。 このように、お客様がNMRパイプテクター®と更新工事を比較検討されると、95%以上の割合で、当然NMRパイプテクター®がお客様から選ばれます。

当社でのNMRパイプテクター®の受注件数が毎年増加する中で、民間の建物だけでなく、近年では行政施設での採用が増加しています。 昨年ではある県の保有する施設や建物だけで、合計40の施設にNMRパイプテクター®が導入されました。 しかしその頃から、NMRパイプテクター®へのネット上での誹謗中傷が激しくなり、誹謗中傷を職業としているプロの人物も参加し、 お客様がNMRパイプテクター®の導入を検討しないように、NMRパイプテクター®の誹謗を繰り返しています。 このネット上での誹謗中傷は、よくみると1人の人物が4つ、5つと複数の誹謗中傷をネット上に書き込んでいます。 このようなネット上の誹謗中傷の書き込みに対して、当社は東京地方裁判所へ提訴し削除する努力を継続して実施しております。

事例として、「府中日鋼団地を守る会」という名称でNMRパイプテクター®を誹謗中傷するブログがネット上に公開され、 そのブログを引用して「理科の探検という雑誌に誹謗中傷の記事が掲載されました。 また、同様にネット配信記事「論座」にて「府中日鋼団地を守る会」の人物と思われる人物が、 NMRパイプテクター®を誹謗中傷する内容を書いています。 そのため「府中日鋼団地を守る会」のブログは誹謗中傷と認められ、東京地方裁判所命令で2019年8月9日にネット上から削除されました。

具体的には、府中日鋼団地は32棟ある建物のうち、給水管では有効距離150mの長さをカバーする1台しかNMRパイプテクター®が設置されておらず、 その1台も1棟の内半分の戸数分しかNMRパイプテクター®の効果範囲が及ばない状態でした。 このように、団地全体の98%の建物にはNMRパイプテクター®が設置されていない状態で、 あたかも全棟にNMRパイプテクター®が設置されていることを前提に、 NMRパイプテクター®が未設置の棟の配管内に赤錆が発生していたにも関わらず誹謗中傷のブログをネット上に掲載していました。

そのため同様に、NMRパイプテクター®及び日本システム企画を、ネット上で誹謗中傷していたTwitterのアカウント名「Material300」のブログも、 東京地方裁判所命令にて2019年5月30日にネット上より削除されました。

NMRパイプテクター
ページTOP
Copyright © 2019 日本システム企画株式会社 All Rights Reserved.