資料請求・お見積もり・ご相談など お問い合わせ

0120-320-390

営業時間 9:00~17:30 ※土日祝除く

無料相談・資料請求する 閉じる

製品への誹謗中傷について

  • トップ  > 
  • NMRパイプテクターへの誤った書き込みに対する当社の見解

NMRパイプテクターへの誤った書き込みに対する当社の見解

更新日:2021年11月19日

「横浜市水道局のNMRパイプテクターの試験結果を読み解く」の誤りについて

横浜市水道局では次の3つの試験が実施されました

  1. NMRパイプテクターにより鶴見公舎における給水管赤錆防止と殺菌用塩素濃度低下防止試験で効果は検証されました。
  2. NMRパイプテクターにより水道本管を使用した赤錆による殺菌用塩素濃度低下防止試験で効果は検証され、結果は日本水道協会の年次発表会で論文発表されました。
  3. NMRパイプテクターの効果を出す最低水量より住戸数が少ない地区での配管内防錆効果試験で効果の検証はできませんでした。

天羽氏は最後の3番目の試験結果を取り上げ、NMRパイプテクターには水の使用量が少なすぎて検証ができなかったとの内容を効果がなかったと言い替えて誹謗中傷しています。

「理科の探検」の誤りについて

「府中日鋼団地の内容」は誤りです。
全32棟にNMRパイプテクターが設置されている前提で書かれていますが、設置はわずか1棟のみで31棟は未設置です。

「外部電源なくして電磁波は発生しない」は誤りです。
-273℃以上の物質は、(273+室温)の4乗に比例して電磁波を出している事は物理学の常識です(シュテファン=ボルツマンの法則)。

「電磁波は金属を通過しない」は誤りです。
米軍も使用している極超低周波は金属を通過する事で知られています。

「エントロピーは常に増大を続ける」は誤りです。
閉鎖系でのエントロピーは増大を続けますが開放系では減少します。NMRパイプテクターは配管に設置しますので開放系として使用しています。

「熱力学の第2法則に違反している」は誤りです。
熱力学の第2法則は「熱は温度が高いところから低いところへ移動する」というもので、NMRパイプテクターとは一切関係ありません。

ネット総会屋と言われる山本一郎氏について、すべて「理科の探検」の内容を引用しているので誤りです

ネット総会屋と言われる山本一郎氏により、インターネット上にて製品に対する間違った見解が誹謗中傷として多くみられます。
営業妨害を目的に「謎水事件」「謎水装置」という誹謗中傷の用語が多用されていますのでご注意ください。

「マテリアル300」による誹謗中傷事件

ページTOP
Copyright © 2019 日本システム企画株式会社 All Rights Reserved.