日本システム企画(株)トップページ
なぜ40年以上も『配管』延命が可能なのか
『配管』への赤錆・赤水防止延命工法の比較
業界で唯一特許を取得した『NMR工法』とは
『NMRパイプテクター(R)』、『ニューウォーターマックス』製品案内
お近くの物件にすでに導入されているかもしれません、国外への導入実績
製品設置・導入までの流れ
二酸化炭素排出に関して、記事、比較など
当社製品の資料請求
お近くの販売店を検索
ニュースリリース
当社製品へのご質問をまとめています
会社概要、代表ご挨拶
国内・国外への社会貢献を行っています
弊社へのお問合せ

水中の自由電子(水和電子)で電気防食を行う世界で唯一の装置『NMR工法』
『NMR工法』は、磁気装置ではありません

『NMRパイプテクター®』は、
イギリスで唯一の配管内防錆装置として普及
(イギリスでは効果の無い製品を販売することはできません)しております。

日本特許取得(第3952477号)
EU特許取得(No.1634642)

米国特許取得(No.7622038)
国交省 新技術活用システムNETIS登録技術(KT-100072)
2010年注目企業 イノベーションズアイ
Fun to Share 環境省Co2削減活動

日本赤十字へのリンク
当社は、[日本赤十字社]の活動資金援助・協賛広告を行っております。
省エネ・安心安全・コスト削減の両立が可能な健康的な環境社会へ 日本システム企画の赤錆・赤水防止、配管更生装置であるNMRパイプテクターは、新技術であるNMR(核磁気共鳴)を利用し、赤錆を水に不溶性で不動態の黒錆に還元して配管の更生・強化が可能です。 従来の配管更新や、配管更生工事は不要になります。
ホーム配管防錆工法の比較製品情報よくある質問導入実績マンションへの導入資料請求

配管の腐食防止について


配管の腐食防止について
  オフィスビル・ホテルを中心に配管の赤水対策や、腐食防止として、「配管更新」や「配管更生の工事」以外に、飲み水にはならない空調管 (空調冷温水管)だけではなく、給水管(ビニールライニング鋼管)、給湯管へ直接、防錆剤を飲料水に混ぜると言う事が場合により実施されています。

一部のマンション等、毎日の生活に要する給水管からの飲料水について、赤水 対策や、配管の腐食防止の為に(配管更新や配管更生の工事の外に)、防錆剤を混入されているケースが非常に稀ではありますが、その赤水 対策の方法の安全性について正しい理解が必要となります。

基本的に厚生省は衛生的見地から、給水管からの飲料水には「殺菌のための塩素以外には何も加えない事が望ましい」としています。
(本来ならば、赤水 対策としての配管更生の工事で内部のコーティングに使用されるエポキシ樹脂も対象となるはずです。)
日本の腐食防食の権威である、(社)日本防錆技術協会 田尻勝紀氏が1994年7月号「設備と管理」の論文にて述べていますので、ここに抜粋し紹介します。

  1994年7月号「設備と管理」の論文  
  防錆剤使用状況の記録義務
~中略~ 注入装置に関しては、点検、整備、補修等を実施した年月日、実施者名、作業内容等をそれぞれ記載する事。
給水管 用防錆剤は厚生省の告示等でその化学組成・濃度・注入方法等が管理されて使用されるが、基本的には赤水を防止し得る最低濃度で、衛生的見地からは、飲料水には殺菌の為に添加される塩素以外は何も加えない事が望ましい。

(社)日本防錆技術協会 田尻勝紀氏 「設備と管理」論文(1994年7月号)より
 

「殺菌の為に添加される塩素以外は何も加えない事が望ましい」としているものにもかかわらず、
給水管の“赤水防止する為の赤水対策や、配管を延命させる為の腐食防止に、止むを得ず投入している状況”を住民が知らず、
その防錆剤が混入されている飲み水を、口にしている可能性もあるのです。

配管腐食防止の添加剤である防錆剤は、リン酸塩と、ケイ酸塩、及び両者の混合物で構成されています。

リン酸塩は、洗剤の水質軟化剤として使われることもあり、過剰に摂取するとカルシウムの吸収が阻害され骨粗しょう症にもなりかねないという事例があります。
また、リン成分が含まれる水の排水によって、水環境のリン汚染を引き起こすこともあります。それはリン酸塩合成洗剤と同様に富栄養化(藻の大量発生)とその結果の魚や水生生物の酸素欠乏症による死を引き起こします。それ故に、取り扱いが禁止されている地域も存在します。

ケイ酸塩は、リン酸同様に衣服を洗ったり食器を洗うなどに使われる、洗濯用石けんにアルカリ助剤として用いられます。粉石けんなどへ配合されることもあり、固形の石けんに配合されることの多いアルカリ助剤です。洗濯用や台所用の固形石けんの一部に使われています。
リン酸塩、ケイ酸塩について詳しく調べる(ウィキペディア)


コラム「配管更生工事について」での、給水管からの赤水 対策方法の1つである「エポキシライニング更生工事」で使用するビスフェノールAによる環境ホルモンの人への影響でも、述べましたが、老朽化した配管に対して「配管更生工事」や、赤水 対策としての「配管腐食防止」を安易に行う前に、自ら正しい赤水対策などの知識や情報を精査し、得ることが大切です。

   ▲ topへ戻る
  『NMRパイプテクター®』は配管内の赤錆を水に不溶性の黒錆に還元して配管内の腐食を防止させる、赤水 対策に最適な配管更生の装置です。

下記もご参照ください ※主に空調管 (空調冷温水管)について

配管の腐食防止

下記4件は、配管の腐食防止の為に配管更生の工法『NMRパイプテクター』導入し、配管内の赤錆腐食が黒錆化によって解消され、給水管、空調管 (空調冷温水管)等の腐食防止の目的が達成されました。

奈良某病院 築18年の病院で、空調管 (空調冷温水管)より赤錆劣化が進行していることから、配管の腐食防止、配管延命に配管更生の工法装置『NMRパイプテクター®』を採用。 設置前の水質鉄分値7.0mg/l が設置2週間後で鉄分値0.03mg/l となり、赤水を解消し、配管の腐食防止を達成ました。
BBC(英国放送協会) 築後53年が経過しているBBC(英国放送協会)は、空調管 (空調冷温水管)の赤錆劣化が非常に深刻な状態でした。配管の腐食防止、漏水・赤水防止、配管の延命を目的に、メインブロックビルと、ステージ5ビルの空調冷水系統の配管に配管更生の工法装置『NMRパイプテクター®』を4台設置。
メインブロックビルでは、設置前の水中の鉄分値5.53mg/lが、設置32日後には0.048mg/lに大幅減少、設置57日後には0.06mg/lまで減少。ステージ5ビルにでは、設置前の鉄分値3.8mg/lが、設置32日後には0.063mg/l、設置57日後には0.008mg/lと大幅減少。
鉄分値が減少したのは、新規の赤錆発生が防止され、配管内の既存の赤錆が水に不溶な黒錆に変化したためでであり、配管更生の工法装置『NMRパイプテクター®』が配管の腐食防止としての効果が実証されました。
利便施設 管理センター 本施設は築後22年が経過しており、空調管 (空調冷温水管)内の腐食が非常に進んでおり、漏水による配管更新の必要性が指摘されてきました。しかし、大規模団地内の商業施設を含む4棟に冷温水を供給している為に断水工事を行うことは不可能でした。 配管の腐食防止策として、配管更生装置『NMRパイプテクター®』を築後18年経過時に設置。 設置前の黒錆量は2.2%(赤錆量97.8%)であったのが、設置12ヶ月後は72.9%に、設置45ヶ月後は91.7%(赤錆量8.3%)まで急速に増加。
設置後は漏水の発生も無くなり、定期的な錆中の黒錆量の質量分析結果からも、配管更生の工法装置『NMRパイプテクター』が赤錆を防止し黒錆化による配管の腐食防止、配管更生が立証されました。
NTT東北病院 本物件は築27年の病院で空調管 (空調冷温水管)の赤錆劣化が非常に進んで赤水が発生している事から、近い将来の配管更生・更新工事を未然に防ぎ、工事費用が10分の1以下の配管更生の工法装置『NMRパイプテクター®』を、配管の腐食防止を目的として採用。設置前に循環している空調管 (空調冷温水管)から採水したところ、水の色は茶褐色に濁っており、水質検査をでは水中の鉄分値3.3mg/l と配管内の赤錆腐食が進行している事が判明。 設置52日後では、水の色は透明になっており、鉄分値0.27mg/lと大幅に減少。 以上から設置わずか52日後で完全に赤錆の進行が停止したと同時に、配管更生の工法装置『NMRパイプテクター』が配管の腐食防止として配管内の赤錆流出が完全に防止された事が実証されました。


給水管の取替え工事不要で修繕費大幅削減、これで大規模修繕ができる、方法についての資料請求はこちらへ
マンション管理組合の理事会で同席させていただき、
ご説明、ご提案することもできます。ご相談ください。

よくあるご質問製品情報適用箇所(設置場所)配管適合サイズ
赤水対策、配管更生『NMRパイプテクター®』資料請求フォ-ムはこちら

  『NMRパイプテクター®』を使用することによる各種効果
 
参照

   


※詳細な事例、海外導入事例、
新聞・雑誌等の取材記事などが掲載されたパンフレットをご希望の方は、
こらちからお問合せください。

配管更生装置「NMRパイプテクター」について更に詳しく

お問い合わせは、お電話でも承ります。お気軽にご連絡くださいませ。(フリーダイヤル)0120-320-390 営業時間:月~金 9:00~17:30※対応は月曜日から金曜日の営業時間内にさせて頂きます。


よくあるご質問『NMRパイプテクター®』製品情報導入までの流れ

『NMRパイプテクター®』は、日本、欧州(EU)各国、韓国にて特許取得済み、
アジア太平洋防錆学会」、「(社)日本防錆技術協会」に対して論文も発表し、評価を得ています。
  • 日本特許:第3952477号
  • EU特許:No.1634642
  • 韓国特許:第436113号
  • 香港特許:No.HK1087963
  • 米国特許取得:No.7622038
  • 第13回アジア太平洋防錆学会 国際会議での論文
  • (社)日本防錆技術協会へNMR工法の論文
現在イギリスでは『NMRパイプテクター®』だけが唯一、防錆装置として販売を許可されております。
イギリスでは『NMRパイプテクター®』だけが配管内赤錆防止装置として採用されております。
理由としては、イギリスでは効果のない装置販売には、詐欺罪が適用される為です。
イギリスは、日本以上に建物の老朽化で赤錆を止められずに難航・困窮しておりますが、過去10年間において防錆装置の販売がありません。
  赤水対策、配管更生『NMRパイプテクター®』資料請求フォ-ムはこちら
 ▲ topへ戻る


配管更生法の比較Q&Aサイトマップ資料請求お問合せお知らせ会社概要個人情報保護利用条件相互リンク誹謗中傷について
マンションの給水管赤錆・赤水対策に 比較してください。マンションの大規模修繕で、給水管更新工事は今後建物寿命まで不要に
設備設計・建設関係者へ 空調配管、給水管を建築資材高騰・高額なステンレス管が不用で耐食配管に
病院経営に朗報。空調配管、給水管、給湯管取替え不要で病院の設備費用削減に

NMRパイプテクター®各種効果配管の防錆と延命について水道管内の赤錆劣化はNMRパイプテクター®により完全防止、水道管は40年以上延命可能にマンション修繕工事(給水管更新)の費用が大幅に削減できる方法とは配管洗浄が不要に。給水管や排水管の配管洗浄を装置で解決水道配管の赤錆・赤水防止マンションの給水管修繕について給水管内に発生する赤錆とぬめりを完全に防止する建物内の配水管は赤錆により劣化。NMRパイプテクター®で配水管内の赤錆は完全に防止配管設計で大幅コストダウン出来ます配管設備を100年以上延命の革新的新技術NMRパイプテクター®配管設計にて大幅にコストダウンが可能です従来の配管更生工事に伴う問題給水管における従来の赤水対策方法各種より、効果的な赤水対策方法劣化した給水管から流れ出る赤水の問題配管の腐食防止について従来の配管更生工事とは従来の配管更生方法に比べ、効果的な配管更生方法とは赤水は給水管の赤錆が原因で発生。給水管の赤錆を防止すると赤水は解消する建物内の水配管は、建物寿命まで条件次第で100年でも延命できる配管工事を不必要とするNMRパイプテクター殆どのマンションコンサルタントも知らない?マンション大規模修繕の費用が大幅に削減できる方法とは安全性に関する参照リンクリンクモスト
    Copyright (C) 2008 日本システム企画(株)All Rights Reserved.